LINEで集客力を爆上げさせる!

Lステップで集客力を上げる!
Lステップ正規代理店

こんにちは!GRABITの大塚です。

最近では、少しづつ「LINE公式アカウント」を事業に取り入れておられる事業者様も増えてきましたしたが、

まだ、その機能を「使いこなしている」といえる事業者は10%にも満たないと感じますし

業者さんに依頼して、LINEを取り入れても、その業者さんがマーケティングの知識が乏しく「最適な提案」が出来ていないと思う事が本当に沢山あります。

もしあなたが今

「チラシやHPに代わる新しい集客ノウハウが欲しい」

「同業他社に先んじて、LINE集客で顧客を囲い込みたい」

「お客様と一時的でなく、長期にわたってお付き合いしていく関係を作りたい」

と思われている場合には、絶対にお役にたてる内容となっていますので最後までごらんください!

私たちが、クライアントさんとお話しをさせて頂いた時に

「LINEを使ったら新規顧客が増える理由が良くわからないんだけど」

と言われる事がよくあります。少しイメージが湧きにくいのかも知れません。


何故、LINEを活用したら、新規顧客が増えるのかと言うと、色々な理由はあるのですが、大きなポイントは以下の3つです。

・問い合わせがメチャクチャ簡単になるのでお客様のストレスが無い

・友だち登録してくれた見込み顧客が将来の資産になる

・LINEが自動的に商品説明をしてくれる

もう少し詳しく説明させて頂きます。

今、あなたのビジネスは、新規顧客はどのように獲得していますか?

  • 口コミ
  • SNS(Twitter,Instagram,youtubeなど)
  • WEB広告
  • チラシ
  • SEO
  • Googleマップ
  • etc.

様々な新規顧客の獲得方法がありますが

ホームページを見てから電話問い合わせ

であったり

ホームページを見てから入力フォームなどで問い合わせ

というのは、現在では大体のビジネスで大切な問い合わせ方法では無いでしょうか?

口コミで、誰かに「あそこの居酒屋美味しいよ」と教えてもらっても、インターネットで検索してから行ってみるでしょうし、

インスタグラムで、気になるお店を見つけても、やはりインターネットで検索してから行くケースがほとんどだと思います。

つまり、当たり前ですが、ホームページは新規顧客の集客に、やはり大変重要なポイントになっています。

ただ、ここで大きな問題となるのが

実はホームページを見ただけで終わっているお客様が相当数いる

という事です。

あなたも経験ありませんか?人から教えてもらったお店のホームページまで見たけど、何と無く予約しなかった事や

気になるサービスをスマホで調べて、問い合わせフォームの途中まで入力したけど、何と無く面倒になって途中で辞めた経験がきっとあると思います。

実は、お客様にとって

見知らぬお店に電話したり

問い合わせフォームから住所や電話番号を入力するというのは

結構大きなストレスなんです。

商品やサービスを提供する側からすると、あまり気にしない点ですが、自分が顧客となった場合には結構面倒な事がわかりますよね?

実は、LINE公式アカウントやLステップを使って、LINEを集客に活用すれば、

このお客さまのストレスを大きく減らす事が出来るんです。

具体的な例をあげてご紹介させて頂きます。

LINEを活用すると
なぜ新規顧客が
291%も増えたのか?

ある治療院さんでは、ホームページからの集客に力を入れており

数年前までは、googleの広告を出しているだけで、月に40名程度の新規顧客の集客が出来ていたそうです。

ところが、ここ数年治療院の開業ラッシュがあり、googleの広告も多くの同業者が掲載するようになって、新規顧客の獲得に苦戦されていました。

そしてさらに2020年ののコロナショックにより、さらに新規顧客の数は激減。

ひどい月は一桁台になってしまったそうです。

そこからは、ホームページをリニューアルしてみたり

広告費を上げてみたり、SNSを使って配信してみたりと様々な施策を行うも中々成果は上がらなかったそうです。

その時の集客のルートを整理すると

このようなイメージで、Google広告やSNSのリンクからホームページにアクセスしてもらって、

ホームページのボタンをタップしてもらって電話をかけて頂くという流れです。

問い合わせフォームも一応はありますが、ほとんどのお客様が電話からのご予約問い合わせでした。

LINEを活用してサクサク問い合わせ出来るように改善!

そこで、LINE公式アカウントにLステップというツールを導入してLINEマーケティングを構築させて頂きました。

お友だち登録をしてもらったら、すぐに自動でご予約フォームを案内するメッセージが送られて

①お名前

②ご希望のメニュー

③ご希望の日時

の3つを選んでいただきます。

実際にお客様が入力するのは、①のお名前だけで、他の2つはタップして選ぶだけです。

ほぼ、何も考えなくてもご予約頂けると思います

これが、一般的なWEB予約のシステムだと、ユーザー名、パスワード、住所など入力しないといけないのですごく面倒ですよね?

LINEであれば、既にLINEのアカウントをお客様がお持ちなので、別途パスワード等を設定する必要がありません。

実際に、WEB予約のシステムを開発している会社さんに聞いた事があるのですが

WEB予約はステップが1つ増えるごとに、顧客の途中離脱がドンドン増えるらしいのです。

問い合わせのステップは出来るだけ短く作りましょう!

そして、この問い合わせの仕組みを導入して、

翌月・・・・

見事に前年比291%のV字回復を果たされました!

「え?たったそれだけで?」と思われました?

実際に広告費も変えてませんし、ホームページもほぼそのままです。

なぜ、それだけで新規のお問合せが増えたのでしょうか?

電話嫌いの若者が
増えている!

ある調査によると、社会人に「電話対応に苦手意識がありますか?」の問いに対して

56%がとても苦手

25%が少し苦手

と答えています。

合わせると81%の人が苦手なのです。

特に若者ターゲットのビジネスをされている方は、この点はしっかり押さえておいた方が良いと思います。

今の若者は、中高年世代と違って、圧倒的に電話で通話する機会が減っています

友達や彼氏、彼女との連絡もほとんどがSNS経由。

電話で話す事自体が稀なのです!

この事実を踏まえると、せっかく、広告やSNSの配信を頑張って、ホームページに見込み顧客を集めても

問い合わせを電話だけに頼るのは、とてももったい無いという事がわかると思います。

将来の顧客が
溜まっていく!

ホームページを素通りで終わらせない!

そして、LINEを集客に活用すると、今までホームページを見ただけで素通りされていた見込み顧客を自社のLINE友だちとして貯めていく事ができます。

ホームページにアクセスして、今すぐ電話をしてくれなくても、LINEの友だち追加までお客様が進んでくれれば

後日、LINEの自動配信やリッチメニューを使って、商品やサービスの案内を配信して、問い合わせやお申し込みを頂く事が出来ます。

ホームページだと同業他社と簡単に比較されてしまいますが、LINEのアカウントは基本的に閉じた世界なので、お客様にしっかりとあなたの商品やサービスの価値をお伝えする事が出来ます。

この具体的なやり方やテクニックについては、また別の日に詳しく解説いたしますが

お友だち追加してくれた見込み客が将来のあなたのビジネスの資産になるという点だけ覚えておいて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今の時代に、集客を考えるなら「顧客が問い合わせをするストレスを減らす」という事を考えるのがとても大切なポイントです。

色々なものが、どんどんスピード化されて、長い動画や長編の映画は見られなくなっています。複雑だったりストレスのかかる事は中々やってもらえません。

LINEを活用すると「シンプルに」「簡単に」問い合わせ出来る仕組みを作れるのです。

  • 電話や問い合わせフォームはお客様にとって面倒な事
  • 若者は電話がすごく苦手
  • LINEで簡単に問い合わせ出来る仕組みを作れる
  • 将来の顧客として、LINE友だちを貯めよう!

今日はこの4点を覚えておいて下さい。

それでは最後までご覧いただき。ありがとうございました!